上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
D20 4/16 院長

移植してきました。
移植予定の胚盤胞は以前見たときと同じくアレな見た目だったし、院長が分割がうまく出来てない大きな細胞が解凍でダメージを受ける可能性が高く、ダメージを受けたら胚盤胞全体が死ぬ可能性があるというので、まじでー?死んじゃうの?とかなり不安でした。なので、受付番号ナースセンターと表示されたときにはじんわり涙がでちゃいました 笑

いや~ほんとまれに見るぶちゃいくさです。でも見た目は関係ないんだもん 凍結までの時間も関係ないし つか細胞バラバラの大きさでフラグメントも多かったらしいけど関係ないもん (涙目

移植後の説明も、はっきり言って全然参考にしてないので、祈るのみです。

なんで参考にしてないかっていうとですね、胚盤胞での移植の妊娠率は7日目胚盤胞でも50%近くあるんです。ええ、これってたぶん全年齢のデータだしょ?つか妊娠する人って何日目の胚盤胞だって妊娠するんじゃね?みたいな。これで妊娠したらそのデータを信じてやってもよくってよ。

てことで、毎日パイナップルを食べて、処方された黄体ホルモン補充するための薬を飲んでます。なんだっけかな、ジュリナ?
・・・デュファストンですた >w<
テーマ:不妊治療
ジャンル:結婚・家庭生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。