上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  まさの あつこ (著)

著者の経験した不妊治療のこと+ジャーナリストとして、病院に取材したこと を書いている本。

不妊治療をしているときは精神的・肉体的ストレスで治療をこなすのにいっぱいいっぱい。それでもやっぱり疑問点は聞いて行かなくてはいけないなーっって思わせてくれる。できるかな。
病院探しに難儀するところなんて、確かにねーってカンジですが、今だとネットですぐ!だったりして。
2004年出版なので、やっぱ時代って流れているのですねぇってカンジね。
そのころってHPが主流でまだブログってちょっとしかなかったよねー。や、なかったのかな?
やっぱブログだとちょこちょこっと作れるから書こうかって気にもなるけど、サイトから立ち上げるって面倒だもんねぇ。

この中で興味深かったのは事実婚カップルの体外受精、です。
法律婚じゃないとだめなのかぁ~。知らなかった。

私は長男教(長男!跡継ぎ!同居!)ならぬ長女教(婿取り!跡継ぎ!同居!)で育ったためか、一般的にほとんど(98%)の女性が改姓しているということは知っていましたが、私は関係ないみたいな意識だったのよね。そのくせ家は継いでいない&同居してませんが・・・。
なので、夫にも「結婚することになっても姓は変えないよ、夫が妻姓になるのが嫌なら夫婦別姓(事実婚)ね」って言ってあったんだよね~。
すったもんだの末 妻姓にすることになったんですけどね。「夫婦どちらかの姓を選ぶ」としか書いてない法律なのに、妻姓を選択するにはこ~んなに大変なのかとべっくらしましたよ。
なんか規則ってさ、なかなか変わらないよね 本の中にも選択的夫婦別姓法案の話が出てきたけど、ほんと、なかなか実現しないんだよね。 

あ、オレ周期終わりました。 はひー ((ミ ̄エ ̄ミ)) ボーーー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。