上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒト・クローン無法地帯 副題 生殖医療がビジネスになった日
ローリー・B. アンドルーズ (著), Lori B. Andrews (原著), 望月 弘子 (翻訳)

図書館の不妊コーナー で見つけました。 そんなコーナーかわかりませんけど、不妊治療についてのガイドブック、不妊治療メンタル系の本、治療経験談付き雑誌等があったので、それに準じたコーナーなんでしょう。 どれをかりようかパラパラめくっていたら、第1章試験管ベビーって文字が見えたので、著者のような人でも試験管ベビーって使うんだ~?とこれをかりることに決めました。 
2000年の翻訳の言葉がアレなのか借り腹とか書いてあるところがあって、カチンと来るんですけど、それには目をつぶり、脳内で代理母に変換して読んでます 絵文字名を入力してください

※ローリー・B. アンドルーズ氏は体外受精・代理母・ドナー等に係わる有名訴訟の数々を手がけ、人間クローン研究についてのレポートを米国政府に提出、それが米国政府の公式見解としてサイトに載った人らしいですょ。自然妊娠してお子さんもいる法律家。

ところでなんで不妊治療コーナーに行ってこの本を借りたのかと言えば、私達夫婦は体外受精で子供を授かることに抵抗がないんです。
子供を授かる可能性のある治療が残っているならば、もちろんやりますよ。
やるに決まってるじゃないですか?なぜしちゃいけないの? ってなもんです。
体外受精をやらない理由がない。

でも こないだ試験管ベイビーってどこから来た言葉?と調べたら(結局不明)たかじんのそこまで言って委員会のサイトのコメントに「体外受精に進まなくて良かった。試験管ベイビーは倫理的に・・・」みたいな内容の不妊経験者さんからのコメントがあったんですよね。
それを読んで自分を振り返ると、自分の体が不安・授かる(予定の)子の心身の健康が通常妊娠に比べてどうなのだろう?という不安はあるのですが、それ以外の面は全く考えたこともなかったと気付いちゃったよ。
ちょっとは悩む必要性があるものなのではないのか?こんなに抵抗なくていいのか?倫理・道徳的にどうなのだろう?とチラとも考えなくても良いのかしら?と思いまして。

今のところ、この本を読んでも体外にステップアップを躊躇するような理由が全くアリマセンが、色々考えるきっかけになって面白いです。「一応倫理的にどうなのか自分なりに考えてみようとしました」と自分満足を得られそうな本ではあります。

また読み終わったら感想を書くかもしれません。
スポンサーサイト

読み終わりました! 
表題のヒト・クローン無法地帯より副題がこの本の内容をあらわしています。
生殖医療をめぐる問題点を著者が携わったり調査したりした実際のケースを(仮名)にして書いてあるんで、すごく読みやすいです。

人権を認めるかって難しいんですね。「受精したところから生命。よって凍結は虐待である」と主張する人の箇所なんて目から鱗!でした(夢クリニックの説明会で凍結できない国があるっていってた様な気もする)。

それと、人間の欲望(?)ってとどまるところを知らないんだなって思いました。
卵子・精子の提供をうけるとなった場合
提供をうけるならやっぱり良い卵子・精子が欲しいと思うのは自然ですよねぇ
で、昔は匿名医学生のボランティアが提供してたものが今はプロフィルを見ながらドナーを選べるわけです。病歴とか髪の色とか目の色とか身長とか体重とか宗教とか学歴とか。選べるんなら選びますよね。さらには遺伝子チェックでどういう遺伝子が含まれているかがわかるんですって。

そうするとやっぱり、よりよい遺伝子をもった子を産みたい!ってなるのもわかる・・・。
胚の遺伝子チェックなんて、夫婦間の卵子・精子でも出来るならやりたい!って思いません・・・?ましてや遺伝子治療とか改良ができると聞いたら、やっぱり将来発病の可能性をもった遺伝子を排除した胚を移植したい。って普通の望みに聞こえちゃう。

そういう技術が発展するのは良いんだけど、どこで線引きするのかっていうガイドラインがまだないっていうようなことが本の内容。

個々人の話だと「べつに良いんじゃないの?やっぱり自分の子供にはよいものを与えてやりたいじゃない?」って思うんですが、それが向かう方向を考えると怖くなったりする。
↑の話でよりよい遺伝子を求めていくと、映画のガタカみたいになるのかな。 あの映画では遺伝子チェックをうけないで自然に生まれた人は遺伝子チェックもされていない人としてすごく辛い生活になってたな・・・。なんて。
うちにガタカのDVDがあるから、また見てみようっと ニコニコ。 横向き
話も面白いし、なによりジュード・ロウが格好いくて好きなんですよ~この映画 LOVE

ってなんか本の感想からずれまくってますけど、ま、いっかー。


デボラ・L.スパー著  椎野淳  訳

生殖ビジネス及び養子縁組ビジネスを取り巻く問題点など

ハーバード・ビジネススクールの経営関係の教授だけに、正にビジネス視点で書かれています。
子供を欲しい不妊夫婦なんかはプライスレスな自分たちの赤ちゃんのために、無理をしてでも巨額のお金を払う消費者という書き方で、不愉快でした。 デザイナーベビーを欲しがる夫婦も出来なくて苦しんでいる夫婦も一緒の括りにしているような書き方でしたし。
「すべてビジネスライクに書かれているだけ。自分が不妊治療をしているからという理由で、自分に該当する部分に繊細になりすぎているのかも」と自省しつつ読み進めましたが・・・。

※デボラ・L.スパー本人は息子2人、養子縁組をした娘1人いる方。
※デザイナーベビー 親が望んだような知力・容姿・体力になるように作られた子供

やっぱり、先日読んだ本同じく、ガイドラインを作った方がいいのじゃないか?という提言をしている本でした。 でもヒト・クローン無法地帯は、ワイドショー的興味を惹く事例というのか、当事者の感情などが書かれているのに対し、この本は全く書かれていないので、オモシロクナーイ!! 
全編通して読むのが苦痛でした。 ヒト・クローン無法地帯が面白かっただけに、こっちにも同じような読みやすさを期待しちゃったよー。

ただ、コチラは養子縁組についても書いてあって、RainbowKids.com 養子縁組斡旋業者サイトの話が載っていて、そんなのもあるのかぁと覗いてみました。・・・英語がわからないので、うろうろしただけですが。


生殖ビジネスについて読みたいならコレ、生殖医療について読みたいなら、ヒト・クローン無法地帯を読んだ方がいいですね。 不妊治療してる人が読むなら、ヒト・クローン無法地帯の方がオススメ。 
この人の本では、「不妊治療を提供するサービスとと養子縁組を提供するサービスがリンクしていないこと」について書いてあったところは特筆しておくべきかな? 望むものが似ている両者のリンクがされれば更に良くなるかもねぇって私も思いました。 

実は私は今から養子縁組についても探っているのでした ファイト 
一応、体外受精に何回チャレンジするかわからないけれど、100%の成功率ではないわけですよ。
どうも、今から失敗したときのことを考えておかないと、体外受精で必ず授かるという期待をしすぎる自分が怖い。 まだ初診も受けてないのに、移植1回目で授かっちゃったりしてo(>▽<)o キャー とか思ってるわけなので、自制するためにも・・・・。 


  まさの あつこ (著)

著者の経験した不妊治療のこと+ジャーナリストとして、病院に取材したこと を書いている本。

不妊治療をしているときは精神的・肉体的ストレスで治療をこなすのにいっぱいいっぱい。それでもやっぱり疑問点は聞いて行かなくてはいけないなーっって思わせてくれる。できるかな。
病院探しに難儀するところなんて、確かにねーってカンジですが、今だとネットですぐ!だったりして。
2004年出版なので、やっぱ時代って流れているのですねぇってカンジね。
そのころってHPが主流でまだブログってちょっとしかなかったよねー。や、なかったのかな?
やっぱブログだとちょこちょこっと作れるから書こうかって気にもなるけど、サイトから立ち上げるって面倒だもんねぇ。

この中で興味深かったのは事実婚カップルの体外受精、です。
法律婚じゃないとだめなのかぁ~。知らなかった。

私は長男教(長男!跡継ぎ!同居!)ならぬ長女教(婿取り!跡継ぎ!同居!)で育ったためか、一般的にほとんど(98%)の女性が改姓しているということは知っていましたが、私は関係ないみたいな意識だったのよね。そのくせ家は継いでいない&同居してませんが・・・。
なので、夫にも「結婚することになっても姓は変えないよ、夫が妻姓になるのが嫌なら夫婦別姓(事実婚)ね」って言ってあったんだよね~。
すったもんだの末 妻姓にすることになったんですけどね。「夫婦どちらかの姓を選ぶ」としか書いてない法律なのに、妻姓を選択するにはこ~んなに大変なのかとべっくらしましたよ。
なんか規則ってさ、なかなか変わらないよね 本の中にも選択的夫婦別姓法案の話が出てきたけど、ほんと、なかなか実現しないんだよね。 

あ、オレ周期終わりました。 はひー ((ミ ̄エ ̄ミ)) ボーーー

沢口 永美 (著)

原因不明で不妊の沢口家の出来事をマンガで書く。

図書館で借りたので、新装版でない古い方で読みましたニコニコ。 横向き
仕事の帰り道に電車の中で読み始めたんですけど、泣きそうになりました。
あはははは。焦った。 変に鼻をすすってしまいました。
当事者の本って「日本で不妊治療をうけるということ」も読みましたが、「日本で~」は不妊治療経験者が取材した本 でしたけど、「沢口さんち~」は不妊経験を書いてます~な内容なので、めちゃめちゃ自分と一緒や~!そうそう~!って感情移入しちゃうんですよね~。
電車の中で読んじゃダメだったわ。

マンガで読みやすかったので、夫に「これで勉強(?)しとけばー。」って渡したら読んでましたよ。
夫としては、この夫婦のこれからがどうなったのか気になるようですが、どうなったのかってそりゃ諦めたんでしょうよ? 
治療すれば出来るよ☆と楽天的な夫なので、世間には諦めざるを得ないこともあるんだよ、という例をしってほしかったんです。それでも夫は諦めることが受け入れられないみたいでした。 あ、私も諦めることは今は考えられませんけれど、どんなに望んでもだめなこともあるって知っておく方がいいかなと思って。 

※この記事をUPしたら kittの緑豆が怒っちゃったー! なんでよー! がーん

産婦人科医の不妊治療体験記
田口 早桐 (著)

不妊治療をやっている女医さんが自分とこの夫婦も不妊。
自らの手で卵子に顕微授精して、奮闘する話。

いや~、自分で自分に治療してる人が書く本って他にあるのかなょ!?
話も泣き笑い~ってカンジだし、途中、落ち込んじゃうな、というところもあるけど、だいたい前向き!
面白いです。  特に確率のところ、好きです。 
私も思ったもんね。 
1回の成功率が20%なんだったら、5回やれば100%じゃーんペコちゃん
だったらどんなにいいか~むふふ絵文字名を入力してください (妄想ちゅう~) 




戦え奥さん!!不妊症ブギ
一本木 蛮 (著)

漫画です。 タイミング→AIHまでの本人経験談
続きは本当にあった愉快な話 DXに連載中の模様。

こっちは、私、向いてなかった。絵が好みじゃなくて、癖があった。
沢口さんちの~が島耕作なら、戦え奥さんはジョジョの奇妙な冒険。
ジョジョも絵に癖がありすぎで読みづらいんで途中でギブアップしたな~ うーむ
あと、本当にあった系の漫画の話も苦手なんです。
あ、夫に一本木蛮っていう漫画家の人しってる?って聞いたら、
名前聞いたことある、なんかの雑誌で4コマかなんか書いてた。
それでコスプレする人でしょ って言ってたのでもしかしたら有名な人なのかも?
赤ちゃんの値段  2008/8/15 ☆☆☆
高倉 正樹 (著)

日本で行われている海外との養子縁組の実態。
今まで子供の最大の輸出国だった韓国では対策が取られ、現在の最大の赤ちゃん輸出国である一人っ子政策で棄児になった女児が増えた中国でも一定の基準が設けられている。 日本から海外へ赤ちゃんを輸出するための手続をとる養子縁組業者を取材。


本の題名だけみて、いくらなら買えますかっ!! と言いそうになって借りた本。
治療についての本かと思ったんだけど、中身は養子縁組についての取材の本でした。日本って結構海外への養子縁組で赤ちゃんを出国させることにつき、制度がゆる~いんですね。

日本は、「児童の権利に関する条約」は批准しているが、「ハーグ条約」を批准しておらず、ハーグ条約し、国際養子縁組に関する制度を整えよと(どっかから)警告(だっけな?)されているそうです。ああー忘れちゃったし。本返しちゃったし。

・人身売買になるからお金のやりとりはしてはいけません~と言われても、不当に高くなければ、私だったら、報酬を払いたいと思う。→いくら善意の養子縁組業者とはいえ、生活もしていかなくっちゃねって思うし。

・ハーグ条約って受入側も送り出す方も国が係わって、一定のやりとり(どこ夫婦に赤ちゃんがいくのか、受入夫婦の経済状況、受け入れた後の状況報告)などが必要となる。それに海外に出す前に国内で養子縁組が出来ないか模索するわけで良いことずくめ。なにが問題になって、日本は批准しないんだろうー?
と思ったんですが、やっぱ経済的なコトなのかな。係わる人を育成・教育・雇い入れと考えると、いまの福祉制度ですらあっぷあっぷだろうに、さらに人手・金銭が必要なわけだしー。でもこの本に書いてあるルーズな養子縁組を結ぶ業者がいても良いのかなぁ・・・。


あとさー、海外に出さなくても、日本の国内で赤ちゃんとの養子縁組を望む夫婦って沢山いると思う。
養子縁組で調べてみると、生後間もないような小さ赤ちゃんは引き取りたい夫婦が多く、審査を受け、講習を受けた後長く順番待ちらしいし。
↑を知ったときは、いざとなったら、赤ちゃんポストの前で張っていて、どこかの親がポストに入れたとたん持って帰ってこようか 笑 なんて我が家で話をしたくらいだしー。

国内の施設にいる子供(小さい子、大きくなると養子縁組を希望する人は減少)だって、産みの親が「親である権利」を放棄しないために養子縁組を結べないとことが多いなんて聞いたことあるんだけど(どの本で読んだかは不明)。

家においでよ~ 親戚・家族中で大喜びするぞ~。 くっつくお腹を間違えちゃだめ~
と どこかに向かって言いたくなりました・・・。いや、そういう本じゃないんだけどね。なんかね、闇の子供たちほど衝撃がないと世間的に話題にならないのかもしれないけど、こういう本も話題にしてほしいな~と思うのは、やっぱり自分が養子縁組も考えているからかな。 
テーマ:最近読んだ本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。